utsusemi spica.

Home 2015年06月

5th Anniversary


2015年6月30日は『ラブライブ!School Idol Project』の企画始動から5周年の記念日。
2010年当時の僕は『ラブライブ!』と同じく電撃G's magazineがルーツの『Angel Beats!』に熱を上げていたから、電撃G's magazine 2010年8月号も手元にあったりする。


『伝説開幕』と大きく銘打たれた記事も確実に読んでいたのだけど、当時は特に見向きもせず。

Angelic Angelに “時間はとめられないと知って 君と早く会いたかったよ” という歌詞があって、同じようなことを、『μ's First LoveLive!』のBlu-rayを観るたびに思うけれど、声優を追い掛けてライブ行ったりするような習慣がなかった僕にとっては、無意味な “もしも” かもしれない。

今でも勿体無いなと思うのは、TVアニメ1期の放映開始前から少し興味があって、録画予約も入れていたのに、リアルタイムでTVアニメ1期を観なかったこと!
どうしてそうしたのかと言うと、『H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-』のTVアニメで、シリーズ構成を担当していた花田十輝さんが、『ラブライブ!』にもシリーズ構成で参加していたから。
結末に今でも不満のある僕は、捻くれて『ラブライブ!』を観なかったのだった。

結果的にTVアニメ1期を後から追い掛けて観たことで、この2年間毎日ずっと『ラブライブ!』のことを考えるようになったのだから、作品そのものよりもスタッフの名前を見て、作品に対しての態度を変えるというのは、本当にバカらしい考えだったと思う。(と言いつつ、今期は監督が京極尚彦さんだからという理由だけで、『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』を観ようとしている……)


「今の私たちなら、きっとどこまでだって行ける!どんな夢だって叶えられる!!」
今の『ラブライブ!』からは、劇場版という大きな節目を迎えたことによる喪失感よりも、僕が無駄にした3年間を吹き飛ばしてしまうような “もっと” しか感じられなくて、とにかく次のワンマンライブが楽しみで仕方がない。


スポンサーサイト